カードローン審査でミスをしやすい部分

カードローンの審査で意外と引っかかってしまうことが多いのが本人確認書類や収入証明書の不備です。コピーの郵送やパソコン、スマホに取り込んでの送信で必要な部分が不鮮明だったりすることが多いのです。かつてのように問答無用で審査落ちにされることはなく、折り返しの電話で再送信、再郵送を依頼されるだけですが、即日融資を期待しているときに再提出になってしまうとその日のうちに出金ができなくなるおそれもあります。

書類を提出するときに特に重要なのは、本人の住所氏名、その書類の発行年が鮮明に写っていることです。多少ボヤけたくらいなら大丈夫だろうと思っているとあっさり再提出をくらうことになります。コピーをとるときは印字を濃い目に、撮影のときはくっきりと写るように撮影しましょう。

また、運転免許証などは発行後に引っ越しをしていると現住所と証明書の記載が異なっていることがあります。直近の公共料金の領収書を添付することを忘れないようにしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>