在籍確認はどのようなときに行われるのか

カードローンの審査では、時と場合によっては在籍確認が行われることがあります。
在籍確認とは勤務している会社に電話を入れ、申し込みをした名義人が本当に勤務しているかどうかを確かめることです。
会社にお金を借りていることがわかってしまうことを嫌がる人もいるので、この在籍確認があるかどうかはカードローン審査の一つのポイントになります。

在籍確認を行うかどうかの基準はカードローン会社によってさまざまなので、これが基準だと明快に言い切れるものはありません。
ただ、在籍確認を何のために行うかを考えると、どのような場合に在籍確認が行われるかはだいたい察しがつきます。

在籍確認を行う理由は、申請した内容に疑いがあること、または返済能力をより確実に確認したいということです。
申し込みの際の情報入力に矛盾があったり、既に他社借り入れが多くあり、きちんと返済を行ってもらえるか確認しなければいけないときに在籍確認は行われるのです。借り入れについては仕方ありませんが、申請する情報は正確な入力を心がけましょう。

フリーローンを知った時の感想

フリーローンは借り入れの際の用途制限がなく個人の様々な状況に対応しているので使いやすい内容です。
こういったローンの仕組みなら抵抗なく使えると感じます。
実際にフリーローンの存在を知ったのは最近です。私はそういったローンを知らなかったので生活で困っても頼るものがなかったのです。
しかし、最新のフリーローンなら自由度の高い内容なので非常に効率的です。
借金の背景には様々な理由があってそれを解決するためにお金が必要です。
私はフリーローンというもので多くの問題を解決できると考えています。なぜなら、フリーローンを使う目的は個人が自由に選択できるためです。
フリーローンは期限を守れば制限も少ないので、比較サイトなどで各社の条件をしっかり調べ賢く利用すれば、生活上のピンチを乗り越えていくのに重宝します。
参考比較サイト→人気のフリーローンおすすめランキング

カードローン審査でミスをしやすい部分

カードローンの審査で意外と引っかかってしまうことが多いのが本人確認書類や収入証明書の不備です。コピーの郵送やパソコン、スマホに取り込んでの送信で必要な部分が不鮮明だったりすることが多いのです。かつてのように問答無用で審査落ちにされることはなく、折り返しの電話で再送信、再郵送を依頼されるだけですが、即日融資を期待しているときに再提出になってしまうとその日のうちに出金ができなくなるおそれもあります。

書類を提出するときに特に重要なのは、本人の住所氏名、その書類の発行年が鮮明に写っていることです。多少ボヤけたくらいなら大丈夫だろうと思っているとあっさり再提出をくらうことになります。コピーをとるときは印字を濃い目に、撮影のときはくっきりと写るように撮影しましょう。

また、運転免許証などは発行後に引っ越しをしていると現住所と証明書の記載が異なっていることがあります。直近の公共料金の領収書を添付することを忘れないようにしてください。

ネット申し込みならば2時間以内に借りれる

金融機関が提供するカードローンの中には審査時間が非常に短く、申し込みをしたその日のうちにお金を振り込んでもらえるものもあります。
いわゆる即日融資と言われるものです。
店舗まで出向いてやるのであればこれまでも対応していた金融機関が多いのですが、近年はネット申し込みで対応するところが増えてきています。

ネット申し込みで審査が終わるのであればわざわざ時間の作りづらい平日の昼間に金融機関の店舗まで出向かなくても良いですし、思い立った時にすぐに審査を申し込めるので、メリットがあります。

一部の金融機関ではネット申し込みが即日融資の条件となっているところすらあります。ネットならば審査に必要な書類を電子データで送ることもでき、劇的に審査にかかる時間が短くできるようなのです。

そのため、申し込んだその日のうちにお金を振り込んでもらえます。ただし銀行営業時間内でないと即日融資にできないこともありますので注意しましょう。

銀行系カードローンの金利下がらないのだろうか

銀行系カードローンの金利、下がってくれないかなと思います。
現在、日銀の大幅緩和により、金利は物凄く下がっています。例えば、住宅ローンですと、史上最低金利になっています。勿論、預入金利も史上最低金利です。そのような中、相変わらず銀行系カードローンの金利は、高いまま推移しています。

どう考えても、下げる余地はあると思います。一般の銀行ローンに比べ、審査が軽いというわけでもありません。無職やフリーター等は、審査に通りません。所得証明書不要だからといって、誰でも審査に通るわけではないのです。
ただ、一般的には、銀行で融資を断られた人が、消費者金融と共に手を出すのが、銀行系カードローンだと言われています。

リスクが高く、返済が滞る人もいるから返済金利が高めというのは、理解できます。回収に人手が掛かるのも要因の一つでしょう。しかしながら、貸す側の資金がだぶついていると言われ、借りようという意欲を駆り立てる金利や返済が楽になるような金利にしてもらいたいなと思うのが、正直なところです。