銀行系カードローンの金利下がらないのだろうか

銀行系カードローンの金利、下がってくれないかなと思います。
現在、日銀の大幅緩和により、金利は物凄く下がっています。例えば、住宅ローンですと、史上最低金利になっています。勿論、預入金利も史上最低金利です。そのような中、相変わらず銀行系カードローンの金利は、高いまま推移しています。

どう考えても、下げる余地はあると思います。一般の銀行ローンに比べ、審査が軽いというわけでもありません。無職やフリーター等は、審査に通りません。所得証明書不要だからといって、誰でも審査に通るわけではないのです。
ただ、一般的には、銀行で融資を断られた人が、消費者金融と共に手を出すのが、銀行系カードローンだと言われています。

リスクが高く、返済が滞る人もいるから返済金利が高めというのは、理解できます。回収に人手が掛かるのも要因の一つでしょう。しかしながら、貸す側の資金がだぶついていると言われ、借りようという意欲を駆り立てる金利や返済が楽になるような金利にしてもらいたいなと思うのが、正直なところです。

低金利カードローンで各社差がある金利

今話題になっているのが低金利のおカードローンでしょう。このサービスを打ち出している業者は非常に多く、その中でも幅が多く見受けられるので注目をしていきたい部分としいて見られています。

この低金利なのですが、法律で定められている値を下回っていることが条件となっています。そのため、この間であれば各業者が夫々、工夫をしながら設定をしていけるので話題なのです。さて、この低金利カードローンなのですが、代表的な3つの金融機関がサービスを打ち出し始めています。

まずは、銀行、そして消費者金融、最後は信販系のカードローンです。夫々に特徴は存在していますが、基本的に金利だけに注目をしていったなあ合い、やはり銀行に軍配があがります。元々、金利を低く設定しているので、ここでは当然の結果と考えて良いでしょうね。

勿論、他の機関である、消費者金融や信販系も負け時劣らずの低金利を打ち出していますが、貸金業務以外を手広くしている銀行を考えてみれば、それは、消費者金融や信販系には勝ち目はありません。しかし、銀行系のカードローンを打ち出し消費者金融の場合は話は別でしょう。基本的に銀行の傘下として営業をしているので、銀行に負けない低金利カードローンを打ち出すことに成功をしているのです。当然ではありますが、審査基準なども低めに設定されているので、便利です。ただ、低金利カードローンはやはり、審査のハードルは低くないのが現状だそうです。